注目キーワード
  1. 褒め
  2. 叱る
  3. 特別支援教育

「先生でいる為に教師辞めた」ってどういうこと?

先に言います!!

現場が子供にとって一番尊いです!!
学校現場は最高の学びの場です!!
僕は教師という仕事が大好きです!!

教師を辞めて、政治家目指したり、起業しようとしたり、結果Youtuberになったり、、、
そんな風に肩書きだけを見ると、
「やりたいことブレてない?」
「結局どうしたいの?」
「学校現場なめんなよ!」
「教師が大変だったんでしょ?」…etc
そういう声が後を絶ちません。そう思わせていることは、申し訳なく思ってます。

ただ、僕は一度も変わったことはありません!!

僕は昔も今も「先生」でありたいと思っています!!!

「は?」って感じかもですが本気です!

 

僕は学校現場でいるときから「先生」として、
「子供に望む姿を自分が見せられる,誠実でカッコイイ先生でいたいと思ってます。
もっと簡単に言うと、
「子供に言ってる事は自分も努力する先生」です!

僕はへっぽこなミスをします。
手紙を配り忘れたり、時間割を勘違いしたり、よくありました。
その度に「ごめん。ごめん。これは先生のミス。ちょっとカバーして!お願い!」と謝りました。
なぜなら、「間違いは誰にでもあるからその時は素直に謝ろう。」と子供に言っていたからです。

僕は朝会の時、当番ではないけど毎週体育館のカーテンを開けに行きます。
なぜなら、「自分の当番じゃなくても、気付いた人がやるクラスって素敵だね。」と子供に言ってたからです。

僕が知らないことを子供が教えてくれた、気付かせてくれた時、「知らなかった」「そこまで考えてなかった」と恥ずかしげもなく喜びます。
なぜなら、「知らない事を知ったり、今までなかった考えに気付いたり、そういう学び合いで成長できるのが学校の授業だよ。」と子供に言ってたからです。

こんな風に、完璧な人間じゃないながらも、
「先生」として、自分の思う「誠実でカッコイイ姿」を現場でも見せてきたつもりです。

そんな最中、
現在のママパパ先生を苦しませているのは、受験制度の課題なのではないかと気付いてしまいました。
(詳しくは一番下に添付した関連記事をお読みください)

そして、その時に卒業生に送った言葉を思い出しました。

僕は卒業式の日、子供たちにこう言いました。

「これから先も沢山壁が現れる。
時にはむかつく事や挫けそうなことが出てくる。
その時、ルールとか周りの人とか、環境のせいにするのは簡単だよ。
文句を言うだけなら誰でもできる。
でもそういう姿を先生はカッコいいとは思えない。
その環境の中で、もしくはその環境を変える為に
自分ができる事を必死に考えて行動する。
そういう人を僕はカッコいいと思う。
たくさん間違えたり迷惑かけたりしたけど、
先生は皆に人としてカッコいい姿を見せてきたつもりです。
来年の子たちにもカッコいい姿を先生は見せ続けます!!
皆さんも自分の思う、自分なりのカッコいい姿でいて下さい!
一生応援してます!!大好きです!!卒業おめでとう!!!」

環境のせいにせず、自分にできる事を必死に考えて行動する人がカッコいい
これからもカッコイイ姿を見せ続ける

そう言ってたんです。

すると、
「受験制度を変えるのはさすがに無理。」って諦めたら
子供に偉そうに語っておいて、自分は棚に上げる事になる。カッコよくない。
あの子たちの、そしてこれから出会う子たちの
【先生】として胸を張れない。
そう思ったんです。

そして【先生】でいる為に、
受験制度をよりよくする為に自分にできる事を考え続けたら、
大好きな「教師」という仕事を一度辞めてでも、挑戦しなくてはいけないと思いました。

だから、
僕は大それた野望をもってる人間でも、
学校現場を可能性が無いと思ってるわけでもないんです。

これまで出会ってくれた、あの子たちに胸を張って、
【先生】と名乗れる人間でいたいだけなんです。

つまり、究極の自己満です(^^)笑

 

これから、どんな職業を選択していくのか、どんな活動をしていくのか自分でもわかりません。
もしかしたら、また現場に戻るかもしれないし、Youtuberじゃない方向に進むかもしれない。
パッケージだけ見たら変わるかもしれません。

でも本質は変わりません!!!

僕は【先生】であり続ける為、
目的の為に自分が行動するカッコいい人であり続ける為に、
これからも活動していきます!!!

 

もし共感してくださる方いましたら、
こんなよくわからん自己満ヤロウですが、
【先生】として見守ってやってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^▽^*)

 

PS、
・人の気持ちを考えなさい
・時間は守りなさい
・言い訳しないで努力しなさい
・好きなことを見つけなさい
・好きなことを伸ばしなさい
・苦手な事も頑張りなさい
・できるようになるまで努力しなさい
・始めたら最後までやり抜きなさい …etc

子供に言ってること、振り返るとめちゃくちゃ量多くて、激ムズじゃないですか?笑
自分自身が胸張って言える言葉だけに絞ると、本当の意味で子供に伝わるかもしれません。
最大の教育資源は、優れた言葉よりも、優れた技術よりも、
大好きな大人の見せる姿そのものですから。

まずは大人が輝きましょう\(^o^)/

 

関連記事

HPに来てくれた皆様へ こんにちは。 公立の小学校の先生を務めた後、現在は教育系フリーランスとして活動している偽善者先生です。この度は、覗きに来てくれてありがとうございます(^^) 僕の目指す社[…]

>目の前のお子さんはたった一人です

目の前のお子さんはたった一人です

【子育て・教育】に正解はありません。1人1人違う個性や可能性があるから当然です。そんな事みんな分かってるけど、大切だからこそ、愛するからこそ、不安になります。「答え」が欲しくなります。当たり前のことです。なので、一緒に考えながらその時その時の「納得解」を見つけていきましょう!親も先生も間違ってもいい。正解がないからこそ、目の前のたった一人のその子と向き合い、考えながら、笑顔で「答え」を探し続けましょう!大人も子供も笑顔で、キラキラと輝き合う子育て・教育があふれますように(^^)

CTR IMG