注目キーワード
  1. 褒め
  2. 叱る
  3. 特別支援教育

【報告】1月 子育て・教育対話会 ~テーマ「アクティブラーニング(主体的学び)とは?」~

【#偽善者対話】

◎テーマ
「アクティブラーニングとは?」

「アクティブラーニング」という言葉、音だけが先行して広まっていっている現状があると思います。
しかし、実際にどのようなものか説明できる方は少ないです。

文部科学省は「主体的で対話的で深い学び」と示しています。
更に、活動をしたり発表をしたり、特定の活動を示すのではなく、
「頭の中がアクティブに働いている事」と示しています!

また、アクティブラーニングの実現に関しては、
「学びという生涯続く営みを大人がしながら、日々の工夫改善で実現が可能とな(個人的要約)」という旨が書いてあります。

子供のアクティブラーニングを謳うために必要なのは、
大人がアクティブラーナーであること。

「アクティブラーニング」を知った風にならず、常に問い直し、アップデートしていきたいと思います!

>目の前のお子さんはたった一人です

目の前のお子さんはたった一人です

【子育て・教育】に正解はありません。1人1人違う個性や可能性があるから当然です。そんな事みんな分かってるけど、大切だからこそ、愛するからこそ、不安になります。「答え」が欲しくなります。当たり前のことです。なので、一緒に考えながらその時その時の「納得解」を見つけていきましょう!親も先生も間違ってもいい。正解がないからこそ、目の前のたった一人のその子と向き合い、考えながら、笑顔で「答え」を探し続けましょう!大人も子供も笑顔で、キラキラと輝き合う子育て・教育があふれますように(^^)

CTR IMG