注目キーワード
  1. 褒め
  2. 叱る
  3. 特別支援教育

【報告】性から考える対話会 ~ドラマ『17.3』がくれたきっかけを大切に~ 主催

2020.11.06に「性から考える対話会 ~ドラマ『17.3』がくれたきっかけを大切に~」を行いました。

Abemaドラマ「17.3」を視聴して、
・【性】を考えることは、自分と向き合う事であり、他者を理解し受け入れる事
・【性】を考えることは、生き方を考える事
そんな思いを抱きました!
誰もが自分で考えるべき視点だと本気で思いました!!
「いいドラマだったな」で終わらせたくない!考えるきっかけをさらに広げ、深めたい!
そのような思いで急遽企画することにしました。

多くの方が「性教育」に関心を抱いていることもあり、100人の申し込みがありました。

当日は「性」に関わる活動や発信をしている方々をゲストで招き、
参加者の方々の関心に基づいて対話を進めていきました。
どのグループもなかなか時間が足りず、まだまだ話したい様子がうかがえました。
2時間のイベントでしたが、終了後のオフ会も加えると4時間対話し続けていました!

普段、なかなか私生活で性に関する思いや悩みを周りの人と話せない方が多く、
「このような機会に価値感や考えを話せたり聞いたりできてよかった」という声を多数いただきました!

自分の「心+体」=【性】
このような場がなくても身近な話題として話しやすい社会にしていきたいと心から思いました。
「性教育」について今後も深く学んでいこうと思います!!

改めて、ゲストとして協力してくださった皆様、参加してくださった方、興味をもってくださった方、ありがとうございました!!!

>目の前のお子さんはたった一人です

目の前のお子さんはたった一人です

【子育て・教育】に正解はありません。1人1人違う個性や可能性があるから当然です。そんな事みんな分かってるけど、大切だからこそ、愛するからこそ、不安になります。「答え」が欲しくなります。当たり前のことです。なので、一緒に考えながらその時その時の「納得解」を見つけていきましょう!親も先生も間違ってもいい。正解がないからこそ、目の前のたった一人のその子と向き合い、考えながら、笑顔で「答え」を探し続けましょう!大人も子供も笑顔で、キラキラと輝き合う子育て・教育があふれますように(^^)

CTR IMG