注目キーワード
  1. 褒め
  2. 叱る
  3. 特別支援教育

【指導案の書き方⓪】「書く意味」と「全体像」 ~先生も子供も授業を楽しむ為に~

先生なら誰しもが書いたことのある
学習指導案の書き方のシリーズをUPしていきます!!

あえて厳しいことを言うと、

「間違えたくない」「つつかれたくない」
「面倒くさい」「うまくいくか不安」…

ネガティブな気持ちが勝っている内は、
研究授業や指導案を通して成長するのは難しいです。

まずは
「なぜ指導案を書くのか?」
「学びの主体は誰なのか?」
指導案の書き方の導入としてご覧ください(^^)

https://youtu.be/SbALzgP5c4g

>目の前のお子さんはたった一人です

目の前のお子さんはたった一人です

【子育て・教育】に正解はありません。1人1人違う個性や可能性があるから当然です。そんな事みんな分かってるけど、大切だからこそ、愛するからこそ、不安になります。「答え」が欲しくなります。当たり前のことです。なので、一緒に考えながらその時その時の「納得解」を見つけていきましょう!親も先生も間違ってもいい。正解がないからこそ、目の前のたった一人のその子と向き合い、考えながら、笑顔で「答え」を探し続けましょう!大人も子供も笑顔で、キラキラと輝き合う子育て・教育があふれますように(^^)

CTR IMG